男性更年期障害

更年期障害といえば女性だけのものだと思っていましたが実は男性にも更年期障害が
あることがわかったそうです。

男性には女性と違い、閉経のような体の変化がないのと個人差が大きいことが、わかり
にくい原因です。

男性の更年期障害は加齢による男性ホルモンの低下が発症に大きく関わっているそうです。
それに加えて仕事のストレス、肥満や運動不足なども男性の更年期障害には深く関わって
いるようです。

発症時期はだいたい40代の中ごろから50代前半にかけてが最も多いらしいのですが
たとえ30代であっても男性ホルモンが減少すれば更年期障害と同じ症状が発症する
そうです。

男性ホルモンが減少すると集中力や意欲が低下し、筋肉も弱くなります。
さらには排尿機能や精力も衰えてきます。

若いころは健康的だった男性が40代になると急にお腹がでて手足が細くなるなどの
変化が現れた場合は更年期障害の可能性があります。

もともと男らしい体格の男性が女性化すると精神的にも大きなダメージがでます。
不安定やいら立ちが集中力が忍耐力を失い、うつ病になる可能性も含みます。

そういった男性ホルモンの促進を促すには精力剤がおすすめです。
男性ホルモンの分泌を増やし、活力、体力回復、精力回復につながります。