漢方薬の歴史

病気になったら病院に行って医者に診てもらうことが一般的だと思います。

しかし、現在健康志向の高まりによって個人の健康に対する意識も非常に高くなっています。

そこで、普段から自分の身体の健康に気を遣う人が増えてきているに伴い、利用されているのがサプリメントや健康食品ですよね。

その中で、利用されていることが多いのが漢方ではないでしょうか?

漢方薬には人間の身体を全体的、総合的に考えバランスが乱れた部分を基の正常なバランスに戻すことで病気の治療を施すという考え方が根本にあります。

これは、体のバランスが良い状態であれば健康体でいられるという考え方ということです。

日本における漢方の歴史は大和時代から奈良時代にかけ、遣隋使、遣唐使によって中国医学が伝えられたのが始まりと言われ、日本独自で発展を遂げたとされています。

そして江戸時代になると西洋医学が伝わり、日本独自の医学と区別するために「蘭方」とされ、日本独自の医学を「漢方」と呼ぶようになりました。

組織(皮、毛、肌肉、筋、骨)と五臓六腑が助け合うことで体のバランスを保っているとされ、どこかひとつでも歪みが生じれば他の臓腑に影響し全体のバランスが崩れるとされています。