ED医療の影響と人気

今ではEDの改善の際に当たり前のように使用されるED治療薬ですが、日本で経口タイプの治療薬による治療が始まったのは1999年のことでした。

アメリカで販売されていたバイアグラという薬が厚生労働省によって認可されたことによって日本でも販売が開始されたのが始まりでした。

それまでED治療に利用できる経口タイプの薬はなかったので、当時「夢の新薬」ともうたわれED治療が革新的に変化したと言われています。

しかし、当時、バイアグラを使用したことで甚大な副作用の影響で健康被害を被ったり、命を落としてしまうというニュースが相次いだことで、「バイアグラは危険な薬」というイメージがついてしまいました。

ただ、それは個人輸入によって購入された偽造品のバイアグラを利用したことが原因であることが判明しました。

そのことで、個人輸入を利用してバイアグラを購入している男性が多いということが分かり、インターネットの普及に伴いその数は増加していったと言われています。

その後、2004年にバイアグラよりも副作用が少ない、食事の影響を受けないという特徴のレビトラが販売されたことにより、このレビトラの需要が増えました。

さらに2007年に国内3番目の治療薬となるシアリスが販売されます。

現在では、自分の体質、症状に合わせて選択して服用することが一般的になっています。